2005年07月02日

ββ

tomoenage1.jpg
「デモキン!愛してるよ」

tomoenage2.jpg
「あなた!抱いて!!」


tomoenage4.jpg
「あ、ヤベ」




posted by rock'n'roll cowboys at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミシホル

kamishihou.jpg

上四方る。
posted by rock'n'roll cowboys at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨコシホル

yokoshihou.jpg

横四方る。

posted by rock'n'roll cowboys at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

DEMOKIN WARS 〜野獣シスべし〜

宇宙人が存在するとして(むしろ存在しないとするほうが科学的には不自然です)古来から語りつがれる宇宙人遭遇物語には大別して2つのパターンがあります。
彼らが人類に対して友好的であるか敵対的であるかの、2つです。

我々のほとんどは、自己発光する(大抵自らより小柄な)エイリアン達と仲良く手をつなぐことの素晴らしさを希望的観測のもと夢想しています。

しかし、その一方で、神の鉄槌にも似た異質かつ圧倒的な科学力をもって、エイリアン達が我々を侵略し滅亡の危機に追い立てるような物語に、自己破壊的なカタルシスを感じることもまた確かです。

スピルバーグ作品で言えば、前者が「未知との遭遇」や「ET」、後者が「宇宙戦争(これは大家H.G.ウェルズの名作のアメリカ家族愛的焼き直しでしょうが)」といったところでしょうか。

ただ、後者については、これが物語のうちは良いのですが、現実になるとかなり「がっかり」することになるでしょうね?

50/50(フィフティ/フィフティ)の可能性なだけに、かえって

「どうも!タ、コ、でしゅ(火星人)。人類滅亡キボン★ヌ!」

となると相当ヘコむと思いませんか?


破壊光線で一撃必殺。されちゃうわけです。

−半分わかってたけどさあ、あ〜あ はあ〜 あ〜 も〜 −


某将軍がミサイルを我が国にテポって来たとしたら、ちょっと近い気持ちになるかもしれません。

−あと5分で浜松町上空に直撃 半径100KMの住人はすぐに近隣のシェルタに非難してください−


小学生のとき、お母さんが鍵閉めたまま出かけちゃって、学校から帰ってきたら家に入れないときの苛立ちにも若干近いかもしれません。

−も〜、なんで鍵閉めてくんだよも〜、ちえっ、ちえっ−

言うなれば、状況が圧倒的すぎて、諦観も加わった奇妙な焦燥感ですね。


さて本題。
「デモ金星人(以下デモキン)」のご懐妊報告を聞いたとき、何故か僕は不思議とそんな気持ちにになりました。

「やっぱ、この日が来たのかよ〜」ということなんですね。
地面が割れて触手が出てきちゃったんですね。
予想はしてたけど、ずっと目を伏せてきたことに直面したのです。

だって。
デモキンが「でも金」達成したとき、確かに「やっぱすげ〜よな!デモキン」って皆言いましたよね?
「アスリートとしてはもう別次元だよな!」って言いましたよね?
携帯でデモキンの試合経過チェックしましたよね?

でも、いつでもあなたは

目 を 伏 せ て い ま し た よ ね。

デモキンが、「とにかく猛烈に人を投げる」だけの存在で合ってほしいという自分の希望から。

そう、どこかで。気持ちのどこかで、言ってくれると思ってましたよね?
はしゃいで応援するダンナがこう言ってくれると思ってましたよね?
「俺はホームランバッターでも実はホーモラン!オリッ○スで偽装花嫁をリース契約中!」

思い出せば、新婚旅行のホテルではしゃぐセルフ撮影ビデオをニュースで見せられた後に。
皮肉に笑いながらも最早批判するちからも生まれてこなかったですよね?あなた。
この圧倒的パゥワァ・・・・。

かすかな希望にかけていたのでしょう?

ご家族の方ですか?
こちらにお入りください。
大変残念ですが・・・・。

やっぱり宇宙人は、敵だったんです。
ラピュタは本当になかったんです。
AKIRAは俺達の中に生きていないんです。
ドラエもんが最近同じ動作ばかり繰り返すんです。

これから、ずっと、ずっと、薄く長く期待していたことから裏切られ続けるんです。

「僕らは両親がディープに愛し合って生まれたんだよ」なんてことよりもモアハードかも知れないイマジネーションを、デモキンファミリーに強いられ続けるのです。


デモキン、ヨコシホルたびに!


デモキン、カミシホルたびに!


デモキン、タテシホルたびに!



人類は滅亡させられるのです!
袖釣り込まれてるんですよ。内股れてるんですよ。
この、淫ディペンデンスデイに!

そう、デモキンは、もうママキンなのですよ!

MAMA KIN!
歌え、スティーブン・タイラー!
やってこい、アルマゲドン!

ドウォナクロージュマアー・・・・(俺は目を閉じたくない)
ドウォナホーシュイーコジャミシュベー・・・・(俺は眠ってしまいたくない だってお前を見失うから)
アイドーウォナミシャシーイーン(俺は何も見逃したくないのさ)
posted by rock'n'roll cowboys at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。