2009年03月30日

私ゴ学 3話「ホワイト雛フェス」の巻

3月3日、やけに冷え込むと思ったら、
卒業式が終わる頃には雪が降ってきた。

ガラガラッ。

ひとしきり騒いだ送り出しの後、ひとけのない図書室のカウンターに座っていると、1年のマサとマイコが入ってきた。


マサ「ち、ちわすっ。お久しぶりす」

ミツ「おー、お疲れ。久しぶりだな。ここんとこ受験で全然学校来てなかったからな〜。もう一ヶ月ぶりくらいかな〜」

マサ「…(うそっ、バレンタインの時来てたっ!)」

マイコ「…う、うん。(バレンタインの時来てたっ!)」

マサ「あれ?ミツさんは飲み会行かないんですか?」

ミツ「あ、行くよ。ちょっと最後だから図書室見とこうと思って」

マサ「…ええ。(告白待ちだ!マイコ、ボタンくれとか言ったほうがいんじゃない!?)」

マイコ「…(完璧待ってる!わたし、ボタンくれとか言うべき!?)」

マサ「そ、そうだ。ミツさんは予備校決まりました?」

ミツ「(無視して)あ〜雪だ。ひな祭りに雪が降るなんてね。ちょっと冷たいひなあられだな(笑)こりゃ積もりそうだゎ雪マイコもさ、いろいろあるけど、このひなあられと一緒に溶かして忘れちゃいな。そうだ、お守りあげるよ」


ブチッ満月
「ほら!がんばれよ!」


マサ&マイコ「(お前がなっ!もうやだ〜(悲しい顔))」
posted by rock'n'roll cowboys at 14:59| Comment(44) | TrackBack(0) | mitsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

私ゴ学 2話「ずぶ濡れマイ・ハート」の巻(外伝)

ミツです。

今日はバレンタインだったらしいね。
ま、オレはあんま興味ないし関係ないけど。


・・・でも、まあうん。


関係はないんだけど、でも万が一、義理チョコとかオレに渡したいっていう女の子がいたらね、可哀想だなって思うんだな。

だからね、今日はなるべく一人で行動したんだけどね、図書室にも長めにいたんだけどね、結局、誰とも話さない1日みたいになっちゃったな・・・。

いや、興味ないからいいんだけどさ・・。


なんか腹へっちゃったな。下のスーパーマサヨシに夕飯買いに行こうっと。


あれ、家の前でなんか女の子が泣いてる。あ、マサの幼なじみのマイコじゃん。
手には、、チョコ?

え、まさか?まさかまさか、人生には三つの坂があるexclamation&question


(中略)


ヤバい。

声かけたら泣きながらついて来ちゃった。

で、意味深なシャワー浴びちゃってる。


はっ、今のうちにBGMかけとかなきゃ。

やばいよ。これ、まんま純と麗ちゃんのあの場面じゃん。
やっぱここは尾崎か。いやいや〜いきなりI LOVE YOUはマズイだろ〜( ̄ー ̄)

などと言ってる間に麗ちゃん風呂から出て来てしまった。
ここはお洒落に「恋とマシンガン」だ!ダーバダダバダバるんるん


(中略)


風呂出てスープ飲んだら寝てしまった…。

こんな展開ホットドッグプレスには書いてなかったゾエ。
北方先生、貴方はこの隙にソープへ行けとおっしゃるのですか!

ムリですちっ(怒った顔)

片時も目が離せません!あぁ女の子がオレのベッドで寝てるなんて・・・。




ちらっと布団めくってみてもよかですか…。

ちょっとだけ、ちょっとだけだから。



そ〜っ



うわっ、起きた!隠れろ!こたつに隠れろ!


(中略)


寝たふりをしたものの、完全に起きるタイミング失ってしまった…。
うわ、なんか着替えはじめちゃったよ。よし、着替え終わったら起きよう!
そして彼女の告白を受け止めよう!


「キモexclamation×2こわっあせあせ(飛び散る汗)
ダダダッダッシュ(走り出すさま)バタンどんっ(衝撃)



えぇ〜〜exclamation&question
posted by rock'n'roll cowboys at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | mitsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

私ゴ学 2話「ずぶ濡れマイ・ハート」の巻(4)

200X/02/14 18:38
from:マイコ
sub:Re:メールものまね〜

なにマサ。どしたの?なんかあったの?ナウシカのまね?なに突然。キモいよ。じゃあ・・・

こっちもいろいろあったり、なかったり。おちこんだりもしたけれど、ワタシはげんきです!

なんつってジブリ返しだー(長音記号2)
腹へった〜ふらふらメシおごれ〜ファーストフード


200X/02/14 18:32
from:マサ
sub:メールものまね〜

>ではここでメールものまねです。

動いちゃダメ!体液が出ちゃう!
こわくないよ

ほら

こわ

くな



マイコ、たのむ。返信くれ。

 マ
マサマ
 マ
posted by rock'n'roll cowboys at 01:19| Comment(15) | TrackBack(0) | mitsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

私ゴ学 2話「ずぶ濡れマイ・ハート」の巻(3)

200X/02/14 16:08
sub:マイコへ

お疲れ〜いい気分(温泉)

あのさ今日マイコの好きなミスチルの僕らの音楽でたやつ焼いてきたんだけど見る?

マサ



200X/02/14 16:15
sub:もしかして

バスケ部もうすぐ試合だね 頑張れよパンチ

ところでさっきもしかしたらマイコ見たかも?

セキ先輩とテツ先輩とこれから楽器屋いこうかな〜とか 今からメールすんだけどわーい(嬉しい顔)

マイコもこない?

マサヨシ



200X/02/14 16:17
sub:ぐは〜

さっき自分の名前マサヨシって書いちゃった爆

マサですよ

マサですとも

楽器屋行ってからサイゼらない?ドリアくいて〜
マサヨシ改めマサ
posted by rock'n'roll cowboys at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

私ゴ学 2話「ずぶ濡れマイ・ハート」の巻(2)

ん、ムニャムニャ( ̄〜 ̄)ξ

あれ…ここどこだっけ?

あ、そっか先輩の部屋か…。


あのときもう最悪でどーでもよくなって、部屋上げてもらって寒いからって熱いシャワー浴びてパーカー借りてスープ作ってもらって、、そしたらなんかほっとして…




そのまま寝ちゃったんだぁ。


あ〜ぁ先輩こたつで寝ちゃってるよ。

ばっかみたい。ほんとに何もしないんだ。

て、ううん。
一番バカでブスなのはアタシだ。セキ先輩が彼女作らない主義だってのは知ってたのに。
たまに屋上で話すだけの関係がいいのはわかってたのに。

はぁ。

しにたぃ。

もうそろそろ服も乾いたし帰ろっと。
あれ?なにこれ?

コートにケータイ入れたままで気付かなかったけどめちゃくちゃメール来てるあせあせ(飛び散る汗)

しかもぜんぶマサから無料

・・・たらーっ(汗)

うわっキモっexclamation×2怖い〜人影

(果たしてマサはどんなメールを?)
posted by rock'n'roll cowboys at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | mitsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

私ゴ学 2話「ずぶ濡れ♡マイ・ハート」の巻(1)

帰宅中雨に降られてやっとのことでスーパーマサヨシの店先まで辿り着いた。 ふぅふらふら

あったかい缶コーヒーでも買うかと財布を探っていたら、向かいの道路の角にマイコが・・・

声掛けようとしたら、ずぶ濡れのマイコの瞳が雨でない何かで潤んでいるのに気づいて僕は固まった目 手には昨日はしゃいでラッピングしていた小箱を握りしめている。


そこへ 「風邪ひくぞバカ」すっと傘雨を差し出す青色学生服。


あれは・・・図書委員のミツ先輩・・・

「あ、ミツ先輩・・・」

「何してんだよ?なんかの罰ゲーム?風邪ひくからちょい寄ってきなよ」

とミツ先輩はマイコを引っ張っていく。
ミツ先輩はマサヨシのうえのワンルームに御両親の仕事の都合で一人暮らしをしているのだ雷

僕にきづかずコンコンと鉄の階段を上る二人・・・えぇ〜ちょマイ・・・


(mitsuさんのマイコ心理編に続く)
posted by rock'n'roll cowboys at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻(解答編)

問題
(1)なぜみゆきさんはバレンタインにチョコでなくクッキーを渡したのでしょうか。
彼女の気持ちを書きなさい。

答え
14歳女子のみゆきさんにとって、バレンタインにチョコを渡すという行為はコマーシャリズムに流された不純で汚らわしい行為あると思いつつ、とはいえみゆきさんは14歳女子なので、自分の思いを伝えないことはフェアではないと考えたため。


(2)みゆきさんはどんな性格でしょうか 20字以内で書きなさい。 (〜という性格)

答え
自分が掘った墓穴に自ら落ちるという性格。


(3)何故ironくんはsekiくんを殴ったのかその理由を書きなさい。

答え
ironは妹からチョコレートを貰ったことがあるのだが、照れたironは思わずそれを「いらねーよ」と返してしまうという、好意を踏みにじる行為をした経験があり、、むしろその時の自分を殴った。


(4)ボールくんウェイはsekiくんのどういった気持ちを表しているか書きなさい。

答え
walk this way

posted by rock'n'roll cowboys at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | mitsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻(問題編)

問題

(1)なぜみゆきさんはバレンタインにチョコでなくクッキーを渡したのでしょうか。
彼女の気持ちを書きなさい。

(2)みゆきさんはどんな性格でしょうか 20字以内で書きなさい。 (〜という性格)

(3)何故ironくんはsekiくんを殴ったのかその理由を書きなさい。

(4)ボールくんウェイはsekiくんのどういった気持ちを表しているか書きなさい。


posted by rock'n'roll cowboys at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻(5)

「あの・・・こっ、これ」

あまりにタイムリーに俺の前に当のみゆき本人があらわれびっクリ。
手にはなんだか可愛らしい袋があって俺に差し出してた。

ボールくんウェイ!

受け取ったのはクッキーだった。あれ今日家庭科だったっけ?

「へー、アリガト!食っていい?」

「あ・・・うん・・・」

そのクッキーにはマロングラッセを砕いたのが入ってた。

「うわ、ウマい!グラッセ入ってんじゃん。みゆきサンキュー」

「い・・・いえ・・・」

「sekiさんどしたの〜」

その時ジャンプを買いに本屋に行ってたホリが追っかけてきた。
そんとき俺、みゆきがお菓子作るのうまいの友達に教えたくてさ。

「これウマいぞ〜。お前も貰えよー」

俺がホリにクッキーを渡して、みゆきが「あ・・・」という瞬間に右頬に激痛が走った。

「やめて、てっちゃん!」


俺を殴り倒し、仁王立ちするironがそこにいた。
posted by rock'n'roll cowboys at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻(4)

ボールくんウェイ!お疲れ。sekiです。

中二のironとの喧嘩?

あぁ・・・ボールくんウェイ!


あったな。


あんとき俺部活の帰りでさ、みんなとこんな話してたんよ。

「なぁ三組のみゆきって知ってる?」

「あーあの、花壇とかよく手入れしてる?sekiさんなんかあったん?」

「いやさ、アイツironの幼なじみだから、何回か一緒に星見に行ったことあんだけど」

「へー」

「昨日の帰り、ミサワヤでマロングラッセじっと見てるんよ」

「マロングラッセ?」

「うん。知らね?甘くてウマいんよ。俺好物でさ」

「sekiさん栗太郎だよな〜」

「やめてクリ〜。いやさ、俺はじめてでさ。なんか選ぶときに、口元に指先もっていくコ見るの」

「みゆき?」

「そう。人差し指を・・・こうあてて・・・首かしげながらじっと5分くらい見てて・・・ほんでいっこ買ってた」

「なんかわかる〜」

「アイツもグラッセ好きなんかな・・・」


(つづクリ)
posted by rock'n'roll cowboys at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻(3)

seki先輩とiron先輩は同中で、地元も近い。そっちでも結構有名人みたいだ。みゆき先輩は体があんま強くないからiron先輩が気遣ってるのは凄いわかって・・・。たまにみゆき先輩のカバンとかiron先輩持ってるしさ。ベースもかなりうまくてビリーシーンの完コピ出来るんだって・・・。ダディとかコロラドとか弾けちゃうらしく・・・。


「で?」


溶かしたチョコをかしゃかしゃとかき混ぜながらマイコがつまんなそうに言った。


「でって・・・別に」

「あんた昔からそおよね。なんか踏み出せない言い訳大好きじゃん」


椅子に逆向きに跨って僕は息をついた。


「いやそういうんじゃなくてさ・・・」

「アタシはさ、見てるだけとかはパス。自己満じゃん?」

「いや俺のはマイコとは違うよ」

「ふーん。別にどーでもいいけどさ」


僕はマイコの溶かした甘く香ばしいチョコの匂いを嗅ぎながらiron先輩がseki先輩と昔殴り合いをしたことがあるという話を思い出していた。


それは一粒のマロングラッセから始まった。

先輩達が中二の時の話しだ。


(つづく)
posted by rock'n'roll cowboys at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻(2)

ワタシがseki先輩と最初に話したのは去年の夏休み。

あの頃は、1年のくせにいきなりレギュラー指名されちゃったもんだから、先輩ともみんなともギクシャクしちゃって、もうバスケ部辞めようかと思ってたんだ。

あの日も朝練終わりで一人になりたくなって、屋上の秘密の場所でぼーっとしてたら…。

「おっ!マイコじゃん」

驚いて振り向くといつの間にかseki先輩が立ってた。
それにしてもロクに話したことないのにいきなり下の名前呼ぶなんてむかっ(怒り)
でも、野球部で生徒会長もやってるユースケ先輩はいっつも誰かと一緒にいるのに、どうして一人で屋上に?

「珍しいな、マイコが屋上来るなんて」

「は、はい…」珍しいのはオマエだ〜!

「女バスの期待の星が練習サボってちゃマズいんじゃないのー」

とか言って、くしゃっと笑った。

「先輩こそどうしてこんなところに?」

「ん?あぁ…ここさ、魔法の場所なんだぜ。何かヤなことがあった時にほら、こうやって寝転んでみろよ。空に落ちて行くみたいでぜーんぶ忘れられるんだ。マイコもやってみ」

そんなふうにseki先輩はワタシの涙を見ないふりして、しばらく一人で喋ってくれてた。

確かにあそこは魔法の場所なのかもしれない。あれ以来ワタシには解けない魔法がかけられちゃったみたいだ。。

あ〜ぁ、いっこしか年違わないのになんであんなに大人なんだろう。バレンタインとか、ぜっったいチョコ貰いまくるんだろうなームリだなードサクサに紛れて義理チョコっぽく渡そっかなー。でも好きだってバレちゃうかも?いや、バレていいのか?告らない告ります告る告るとき告れば…告れ。って、きゃ〜もうラ行五段活用のバカぁ!

あっ、もう!それに引きかえあのマサはまたみゆき先輩にデレデレしてる!
わかりやすすぎ!ほんっとガキなんだから!
posted by rock'n'roll cowboys at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | mitsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

私立ゴスペル学園 1話「マロンチックな恋はグラッチェ」の巻

みゆきさんは美術部。

図書室でSF借りた帰りに美術室の窓越しに目が合い慌てて挨拶すると
一年にしてバスケ部のエースのマイコが後ろ頭を靴袋ではたく。

「なにボッとしてんのよ!」

「いて・・・」

マイコはいま野球部のseki先輩にお熱だ。
その理由は…


(mitsuさんにつづく)

posted by rock'n'roll cowboys at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

私立ゴスペル学園

ところで・・・

ワタシってRRCのメンバ最年少?
高校だと後輩?エキセントリックで神経質な弟属性?

そう置き換えるとなんかおだやかな人達に囲まれた変わってるヤツみたいな・・・



え・・・

恥ずかしい・・・?

みんな・・・そう・・・感じてた・・・?恥



サッカー部で人気のiron先輩にギター一緒に買いに行って貰って、iron先輩の彼女のみゆきさんに憧れてて・・・軽音は幽霊だけど図書委員は割と顔出しててそこにmitsu先輩がいて・・・幼なじみのマイコがsekiさんにチョコ渡すって騒いでたなはらまGja.mガァスポー
posted by rock'n'roll cowboys at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | masa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。